Qstairs

現役AIベンチャーCTOの知見、画像認識(人工知能、Deep Learning)を中心とした技術ノウハウをアップしていきます

広告

論文には出てこないAI導入論

f:id:qstairs:20160601221047j:plain

はじめに

日々進歩しているAI
AI関連の論文では様々な指標の数値によって既存処理との比較を行われることが多いです。
しかし、その指標では実際の現場では太刀打ちできない場合が多くあります。

たとえAIのAccuracyが99.9%だったとしても 現場では誤検知が出まくることだってあります。
見つけたいものの実際の出現率が低い場合は特に注意が必要です。

医療などの業種によっては未検知を0にしなければならない場合もありますし、 誤検知を限りなく0にしなければならない場合もあります。

事例

最近あった事件として、小田急線で刃物を振り回して斬りつけた事件がありました。
カメラが車内にあったとして、これを早期に検知するための刃物検知を開発しようとします。

犯行は成城学園前駅 - 祖師ヶ谷大蔵駅間とのことなので、
刃物を所持していた時間は約1分とします。NAVITIME.
また、カメラは10FPSで刃物検知の処理も10FPSとします。

1年間運用しているとして、犯行時間の割合=刃物が映った割合は
60秒 x 10FPS / 365日 x 24時間 x 60分 x 60秒 x 10FPS
= 600 / 315360000
= 0.000001902587519 ≒ 0.00019%
ということになります。

未検知はあってはならないので、
この刃物検知の未検知率は0%でなければなりません。
そのため、誤検知をいかに減らせるかが大事になります。

誤検知: 0.1%の場合

あなたは未検知0%、誤検知 0.1%というAIを聞いてどのように感じるでしょうか?
かなり精度高いように思いませんか?
この場合のAccuracyは99.9%と驚くほど高い数値です。
この数値は画像認識系において、このようなAIモデルは存在しないレベルです。
では精度高いので導入して運用してみましょう!
するとどうなるか、
1年間で合計約526分間誤検知することになります。 こう聞くと微妙な感じですね。。。
今回1年間運用想定で、1年間の運用中に必ず刃物が映る想定なので実際はもっと誤検知が多くなるでしょう。

最後に

今回は実現場にAIを導入する際の難しさについて紹介しました。
AIを導入、開発する前に見つけたいものの出現確率がどれほどのものかを理解しておくことで、 運用開始後に想定より誤検知が多いと言った齟齬がなくなるかと思います。
これからAIを導入しようと考えている方、AIを導入したんだけど思っていた精度にならなかった方、 AIを導入する側の方それぞれに参考になれば幸いです。

有機ELテレビデビュー!!

約13年使った液晶テレビにさよならし、有機ELテレビを購入しました!!
PS5の性能を堪能したさに耐えきれず、思い切って買いました。。

私が今回購入したのは、LG 55型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 55CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデルです。
今は有機ELの55型で14万円以下の時代ですよ。。
13年前は32型の液晶テレビで10万円超えてたことを考えるとすごいですよね。

比較映像

映像が30FPSなので違いを伝えられないのは残念ですが、単純にベゼルで画面が大きくなって迫力が溜まりません(;゚Д゚)

液晶32型: youtu.be

有機ELテレビ: youtu.be

最後に

悩まれている方は思い切って購入してみてはいかがでしょうか? ワンランクアップしたゲーム体験を味わえることでしょう(・∀・)ニヤニヤ

【IT転職】8月の開催は18日から!転職ドラフト挑戦してみよう!

f:id:qstairs:20170530221943j:plain

みなさんご存知でしょうか?転職ドラフト という存在を。
プロ野球選手のドラフトのように、企業にほしいと思われたら直接指名されるというサービスです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

次回の開催期間は
8/18 (水) 13:00〜9/1 (水) 23:00
となってます。

前回私が登録した際には2社から指名頂きました!

指名された企業

今回私に対して指名頂いた企業は2社でした!
提示年収と雇用形態は以下になります。 (企業名は伏せております。)

  • AI系IT企業
    • 提示年収750万円
    • 正社員
  • 教育系IT企業
    • 提示年収720万円
    • 正社員

最後に

少しでも興味がある方は転職ドラフトから登録してみてはいかがでしょうか?

【IT転職】ITエンジニア8年目が転職ドラフトに登録してみた件

f:id:qstairs:20170209000813j:plain

はじめに

みなさんご存知でしょうか?転職ドラフト という存在を。
プロ野球選手のドラフトのように、企業にほしいと思われたら直接指名されるというサービスです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
今回実際に登録してみたのでどのような結果になったのか紹介いたします!

指名された企業

今回私に対して指名頂いた企業は2社でした!
提示年収と雇用形態は以下になります。 (企業名は伏せております。)

  • AI系IT企業
    • 提示年収750万円
    • 正社員
  • 教育系IT企業
    • 提示年収720万円
    • 正社員

感想

今回、これまで気になっていた転職ドラフトに登録してみました。
実際に指名頂きとてもありがたい気分ですね。

少しでも興味がある方は転職ドラフトから登録してみてはいかがでしょうか?

M1 MacにDockerをインストールしよう!!

f:id:qstairs:20171102004524j:plain

M1 MacにDockerをインストールする方法は2パターンあります。

  • Homebrewでインストール
  • Dockerのサイトからインストール

それでは、それぞれのインストール方法について紹介します!

Homebrewでインストールする場合

Homebrewのインストール(まだインストールしていない方)

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
brew -v

Dockerのインストール

 brew install docker --cask

Dockerサイトからインストール

以下サイトで「Download for Mac - Apple Chip 」を選択しダウンロード Get Started with Docker | Docker

インストール方法はいつものアプリのインストール方法と同じ

あなたは本当に大丈夫?ITエンジニアに求められる素質・スキル

f:id:qstairs:20170530221943j:plain

はじめに

 昨今ITエンジニアが注目され始め、他業種からの転職を目指しているビジネスマンも増えています。少し前まではIT業界は新3K(きつい、帰れない、給料が安い)と言われて敬遠されてきましたが、一気に変わってきています。  ということで、これまでITエンジニアとして働いたり、ITエンジニアを採用・管理してきた私が思うITエンジニアに求められる素質を紹介します。今まさにITエンジニアを目指していたり、目指そうか悩んでいたりしている人の参考になれば幸いです。  ちなみに、ここで取り上げるITエンジニアはシステムを設計・開発(コーディング含む)のことです。

求められる素質・スキル

 私の考えるITエンジニアに求められる素質・スキルは以下の3点になります。

学習し続けられる

 ご存知の通り、IT技術の進歩は凄まじいほど早いです。iPhoneが2008年に日本で販売され、その後スマートフォンが爆発的に普及しました。それまでPCブラウザをベースにしたWebサイト・アプリが主流でしたが、スマートフォンの普及によって、iOS、AndroidOS用のアプリの開発が必要になり、Webサイトもスマートフォンのディスプレイに合わせたデザイン、機能を実装することが重要になりました。また最近ではAI時代の到来により、ビッグデータ解析やDeepLearning技術、その他にもAWSGCPといったクラウドサービスの普及もあります。  こういった新しい技術に対して日々アンテナを張って、自ら学習していかないと時代に取り残され、活躍できる幅が狭くなります。つまり、生き残りが厳しくなります。

因数分解

 システムを設計する場合、ふわっとしている顧客の要求をシステム化できるように落とし込んでいく必要があります。そこで必要な素質・スキルが因数分解力になります。  例えば、「お店の行列を自動で検知してほしい」という要求があるとします。(ここまでふわっとした要求はないかと思いますが)これをシステム化するためにはどのように落とし込んでいく必要があるでしょうか?まずは、5W1H、IN/OUT等で分解していくと良いかと思います。*私なりの回答は別の投稿で。

集中力

 これは特にコーディングに言えることですが、集中力があるかないかでコーディング力(特にスピード)は大きく変わります。コーディングはジグソーパズルや詰め将棋に似ているところがあり、頭の中でつながりや全体構成を構築しながら進めます。そのため、集中力がないと、頭の中で構築中に途切れて、もう一度頭の中で構築して途切れてを繰り返すことになり、かなり効率が悪くなります。集中力を高めるためには、環境を整えることも必要ですが、体力をつけ体調を整えることも大事です。

最後に

 私が思うITエンジニアに求められる素質を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?この記事が今まさにITエンジニアを目指していたり、目指そうか悩んでいたりしている人の参考になれば幸いです。

広告