Qstairs

起業に向けた活動、およびAndroid・画像認識(人工知能、Deep Learning等)の技術を紹介します

広告

【AI】あなたにとっての人工知能とは?

f:id:qstairs:20160601221047j:plain

2017年、人工知能(Artificial Intelligence)という言葉をビジネスの現場で聞かない日はありません。車を自動で運転し、消費者の質問に何でも答え、マーケティングの効果予測を行い、人の採用をサポートし、農作物の病気を予防する――。まるで人工知能は万能で、あらゆる問題を解決するヒーローのようです。

www.itmedia.co.jp


私も最近の人工知能のバズり方には少し違和感を感じています。

私にとって人工知能といえば
ドラえもん鉄腕アトムターミネーターなど
自律して自ら考え(ているように)行動し、
学習することを指しています。

恐らく↑のように考える方は多いのではないでしょうか。
#実は研究者の間でも人工知能の定義は定まっていません。

そんな状況での今の人工知能ブーム

現状の人工知能技術に関してある程度知識がある方であれば
かると思いますが、

現状の人工知能技術は
ドラえもん鉄腕アトムターミネーターなど
には程遠いレベルです。

では、今の人工知能と呼ばれている技術では何ができるのか。

それは、
たくさんの情報を学習し、分類する
ということです。

記事にもありますが知性(考える)はありません。

多摩大学大学院の教授で、元内閣官房参与の田坂広志氏は、知能を「答えのある問いに対して答えを見いだす能力」、知性は「答えのない問いに対して考え続ける能力」と定義しています(参照リンク)。

これから「人工知能」と銘打って様々なサービスや製品が世に出てくると思いますが、
あまり期待値を上げずに見守っていきましょう。


これまでのAIの歴史を繰り返さないことを祈って。
人工知能の歴史 - Wikipedia

以上

【IT】Windows10で VIrtualBoxの仮想マシンを起動するとブルースクリーンになる

f:id:qstairs:20170618201606j:plain

Hyper-VをインストールしたWindows10で
VIrtualBox仮想マシンを起動するとこう(ブルースクリーン)なります。

VIrtualBox仮想マシンを起動する際には
Hyper-VをOFFにしましょう。

特にWindows10にDockerをインストールした人は気を付けてください。

【Django】作業フォルダからプロジェクト作成までの備忘録

f:id:qstairs:20160601221351j:plain

作業フォルダからプロジェクト作成までを備忘録
※すでに環境構築が完了しているものとする
※開発環境については以下の記事をご参考ください。
qstairs.hatenablog.com


任意のフォルダで以下を順に実行することでプロジェクト作成まで完了。

$ mkdir work_folder
$ cd work_folder/
work_folder$ python3 -m venv myvenv
work_folder$ cd myvenv/
myvenv$ django-admin startproject myapp .

上記コマンド内で指定している以下3つのフォルダ名は任意
work_folder
myvenv
myapp

以上

【IT】「ITの“一昔”は1年前、“二昔前”は3年前と心得よ」なんとも耳が痛い...

f:id:qstairs:20170612224651j:plain

新しい技術が次々と登場し、複雑に影響を及ぼし合いながら、生物のように多種多様に進化するIT。その最新トレンドを理解し、ITビジネスの未来を考え、若い世代に伝えていくために必要なこととは?

www.itmedia.co.jp

誰もが感じている通り、
IT業界の進化は凄まじく早いです。

毎日IT関連のニュースをチェックしていますが、
正直どこまで"今"に追いつけていけているのかわかりません。

ついていくには、
自らが動き、発信し、共有する
これしかないと私は考えています。

恐らく、これからの時代、
自ら動くことができない人はあっという間に取り残されることでしょう。

とはいえ、様々な生き方があるのですから
取り残されることが悪ではありません。

ただ、少なくとも、
ITで飯を食っていくのならば
止まることは許されません。

『“一昔”は1年前』
であるなら、
『“ちょっと一息”は1日前』
でしょうか。

そして、“ちょっと一息”が続くと...


なかなか辛い業界に身を置いたものです(^_^;

とはいえ、
それが楽しいのですけどね!笑


辛い業界に身を置いていると改めて感じ、
気合を入れなおそうと思った今日この頃。


以上

新社会人の3人に1人は「会社を辞めたい」らしい。

f:id:qstairs:20170601232948j:plain

入社してから1か月、新社会人の3人に1人は「会社を辞めたい」と考えている――マクロミル調べ。


www.itmedia.co.jp


この記事を見たとき最初はネタか!?
と思いましたが、
どうやらほんとのことらしいです。


驚きと共に心配です。


記事で気になったのは、
就職する会社を選んだポイントで「経営の安定性」が2倍近く上昇している点です。

シャープや東芝の問題があったから気になっているのかもしれませんね。


その他には、
実際に入社してから、
「ギャップを感じた」と答えたのは50.5%と約半数を占めているようです。

感じるギャップの1位は「残業が多い」と「給与が少ない」がともに26.7%。
次いで「研修内容が不十分」(22.8%)、
「仕事がつまらない」(16.8%)などの項目が続いています。

ちょっと「ん?」と思ったので
各項目にコメント入れてみます。

「残業が多い」
⇒残業は入ってみないとわからないからね(^_^;
 これは仕方ない。

「給与が少ない」
⇒それは困るね。でも募集要項に書いてあるんじゃ?

「研修内容が不十分」
⇒実務そんなにやってないのに、
 不十分と判断できるなんてすごすぎ!(;゚Д゚)

「仕事がつまらない」
⇒たった2か月で仕事の面白さが分かったらそれは天職。
 というか、仕事は自分で面白くするもの。


こんなこと書いてると
自分が年取ったと感じますね...


以上

【AI】人工知能で言葉の壁はなくなるのか?

f:id:qstairs:20170530221943j:plain

近年、AI(人工知能)の発達は目覚ましいものがあり、将来的には人間の仕事を奪いかねない、という話を最近よく耳にすると思います。

www.mag2.com


Google翻訳すごいですよね。
いつか言葉の壁をなくしてくれそうです。

私の場合、
英語のドキュメントを見るときGoogle翻訳にかなり助けてもらっています。


ここまで翻訳精度が上がってくるとどうなるのか。

記事にも書いてありますが、
私もこのままいけば英語なんて勉強しなくていいんじゃないかと考えています。
#ただただ英語を勉強したくない言い訳ですが...(-_-;


現状スマホさえあれば日常生活は遅れるレベルにはすでになっているわけで、
レベルの低い通訳の存在価値は完ぺきになくなりますね。

通訳が存在価値を出す場面としては以下ぐらいでしょうか。

  • 瞬時に翻訳が必要となる場面
  • 心証を良くしたい場面
  • 機微な情報を伝える場面


こう考えると、
人間の仕事は重箱の隅をつつくような仕事しかなくなるのではないかと感じますね。
しかし、重箱の隅をつつくような仕事もいつかは人工知能が担うようになるかもしれません。


これは通訳者だけではなく他の仕事にも言えることです。

将来に向けて今どういう行動をすべきか、
今一度考える必要がありそうですね。

以上

Amazon Goのスケジュールが遅れていると聞いて私は安心した

f:id:qstairs:20161208234746j:plain

Amazon Goは技術的な課題に直面しており、スケジュールに遅延が生じている。具体的には、一度に大量の顧客が入店するとシステムが顧客の動きを追えなくなるという。顧客の動きが遅い場合や、少人数の場合には正常に稼働するということなので、システムのブラッシュアップが必要と考えられる。

www.itmedia.co.jp


前にこのブログでも紹介したAmazon Goですが、
技術的な課題に直面しているようで、進捗が遅れているようです。

その課題は「顧客の追跡」
つまり、だれがどこに移動したのかを状況によっては把握できなくなるとのこと。

私は以前、行動解析システムの開発をしていたので、
この「追跡」の難しさは身に染みて知っています。


当初、Amazon Goを知ったときは、
日本とアメリカでこんなにも技術的な差が開いたのか...
と愕然としていました。


ただ、今回Amazon Goが顧客の追跡が上手くいかず、
スケジュールに遅れが出ているというニュースを知り、
「日本もまだ大丈夫なのでは!?」
と厚い雲の隙間からうっすらと光が差した感じになり、


今回タイトルを
Amazon Goのスケジュールが遅れていると聞いて私は安心した」
としました。


決してAmazon Goに対して否定的ではなく興味津々なので悪しからず。


できれば、日本の企業から
Amazon Goのような世の中をあっと驚かすサービスが
出てきてほしいと思う限りです。

以上

広告