Qstairs

起業に向けた活動、およびAndroid・画像認識(人工知能、Deep Learning等)の技術を紹介します

広告

【人工知能】うどん工場にもAIが!?

f:id:qstairs:20170424211556j:plain

製麺業の川田製麺(高松市、川田明義社長)は、高松東ファクトリーパーク内の自社工場(さぬき市)に人工知能(AI)機能を搭載した検知器やIoT(モノのインターネット)技術を今秋に導入する。


うどん工場に人工知能 川田製麺 不良品検知、学習で進化 今秋導入 | うどん関連ニュース | 讃岐うどん遍路 | 四国新聞社


X線の画像を使用して包装の不良品を検知するとのこと。

気になるのは、検知精度ですね。

X線の画像なので、可視光に比べると検知しやすいとは思いますが、
果たしてどれほどの精度があるのでしょうか?

また、記事の中に、

使用回数が増えるごとに“進化”して検知の精度が向上する

とありますが、どうやって進化するのでしょうか。

導入している人工知能の出力をそのまま使用している場合、
人工知能が一度間違った出力してしまうと真実とは間違った方向にどんどんずれていくように思うのですが。
#正解を人が教えている?

どういうアルゴリズムなのか気になりますね。

広告